ホーム > 地域未来投資促進法 > 地域未来投資促進法に基づく支援措置

地域未来投資促進法に基づく支援措置

支援策を受けるには

支援を受けられる方

同意地域内において、同意基本計画に基づいて事業を行う者

支援を受けるために

 事業着手前に、「地域経済牽引事業計画」の承認を受けることが必要です。
 最寄りの地域振興局商工観光課又は県庁産業労働部産業戦略室へお問い合わせください。

手続きの流れ

事業者

(1)「地域経済牽引事業計画」の作成

(5)地域経済牽引事業に着手

(6)事業の完了

(2)申請

(4)承認通知

(7)完了届

地域振興局商工観光課

(3)申請受付

(3)計画の審査、承認

(8)完了届の受理

※官民連携型の場合、国が承認

各種支援の内容

課税の特例(地域未来投資促進税制)

対象者承認地域経済牽引事業者
(ただし、国による先進性の確認を受けた場合のみ)
取得要件投資総額 2,000万円以上
支援内容
対象設備特別償却税額控除
機械装置40%4%
器具備品40%4%
建物・附属設備・構築物20%2%

地域未来投資促進税制資料 (経済産業省)

その他の支援制度については、経済産業省ホームページをご覧ください。

地域未来投資促進法のQ&A

Q
地域経済牽引事業の対象となる業種は
A
各地域で策定した基本計画に記載のある地域の特性及びその活用戦略に合致する事業となります。
地域により基本計画の内容が異なりますので、詳しくは所管の地域振興局商工観光課又は県庁産業労働部産業戦略室へご相談ください。
Q
税制措置における農林漁業関連業種とは
A
食料品製造業、飲料・たばこ・飼料製造業、木材・木製品製造業、家具・装備品製造業、パルプ・紙・紙加工品製造業、プラスチック製品製造業、ゴム製品製造業、各種商品卸売業、飲食料品卸売業、木材・竹材卸売業、農業用機械器具卸売業、家具・建具卸売業
▲このページの先頭へ